良い話を銀座では聞いていません

銀座、私を裏切った人々の良い話は聞いていません。
奇妙な試合を偶然にしたいのですが...

「銀座の呪い」を大切にし続けたい。

銀座ロフト


私は約7年前の冬の朝に神社を訪れました。
国道に面した鳥居を通過した瞬間、全身を何かに引き締められるように感じました。
彼は子供のいない道への寒いアプローチを進めたが、彼の状態は悪化したが、彼は不思議と恐怖を感じず、むしろ本殿に行った。
彼が祈りを終えてかかとを向けたとき、彼は本当に悪い状態でした。
彼は銀座から汚れを借りることでようやく治癒した。髪を取り戻したいという思いでアプローチに戻ると、
いちの鳥居を通過した後、体が軽くなり、体調が回復しました。
呪われた神は私を所有していたので、そう考えるのは嬉しかったです。

コメント