会社時代の友人から銀座で連絡を受けた

今日は選挙の日です。銀座はAKB総選挙ではありません。
それは選挙であり、銀座ではありません。

選挙前の会社時代の友人(友情がほとんどなく、クラスメートのように感じる友人)から連絡を受けた

銀座の地に誕生したフランス料理店


「わあ、久しぶりに元気ですか?選挙に行くの?誰に投票するか決めていないのに、なぜ公開党に入れないのですか?」
なんて不穏なこと
「バカヤロ!誰が聖新聞や協会の回転子のようなパーティーに投票します!
これは銀座!党に明確な票を与えられた人です! 」
切った。
赤旗オモンとO実業家の間に関係はありません。

ちなみに、銀座は私をしつこく呼び出しているので、私は周りから夢中になっています。


まあ、あなたの想像力に任せることはできません。

投票を終えてチャリに帰る時間でした。

コメント