銀座の職場で長年働いていた女性

ふくれすぎ! ^ _ ^ /
銀座は私の心が執着した時からそれを知っていました。私の心の中には「赤いレンジャー」、つまり「女性」がいます。

銀座時代や大学時代の女性の友人、そして社会人として働いていた職場で長年働いていた女性に、「アキトくん、女らしい場所がある」

 

銀座でビジネスエリートと出会いたい

と言われました。 。この「女性のような」ことは身振りや言い回しではありませんが、私はそれが主に思考や敏感さの特徴であると思います。

ですから、女性の心を歌った演歌や女性の書いた文書の歌詞を読み、私が思うことに共感しながら心が揺れるところもあります(これもこの銀座でも同じです)。それがレンジャーの仕事だと思います。

この赤いレンジャーは私にとって重要な役割を果たしています。つまり、私は普段は静かにしていますが、目の前の女性、つまり「男性」に「青い射手」を感じたとき、他の人を女性として意識するようになります。

コメント