2番目に良い人を銀座で選びました

銀座から物事の始まり
私と同じ銀座の人は病気で、長期的なケアと私の後見人です。
工場長は、3人の若者の中で2番目に良い人を選びました
もともとそれは3人の若者のトップになるはずです
教育システムのみ
3人のトップがそれをするならばそれは良くないだろうとディレクターはまた私に言った...

銀座のはずれにあるレストラン

指導システム学科の担当者との相性を考える
私は患者の忍耐力のために彼を推薦しました

そこから3人の友だちに少しずつ入る割れがあります
彼は前学科の候補者に選ばれました
私は彼が辞めたいと聞いた

それを銀座するために、工場長と彼が選択した部署からの人と指示システム
私はいつも飲んでいました
工場長を含む二人は孤立する


男性の世界私の立場では私は見ることしかできない
私も工場長に何度も行きました

コメント